CATEGORY

日本株

  • 2022年5月18日
  • 2022年5月18日

企業間物価の上昇が非常に大きくなってきた。

日々商品価格の上昇を実感していますが、それを改めて売らずけるような数字が出てきました。日本の企業間物価が1981年以降で最大となったようです。日本の物価は諸外国に比べるとあまり上昇していないようですが、それは消費者物価の段階の話であり、企業間の物価は非常に大きく上昇しています。要は企業はそのコスト増分を消費者に転嫁しきれていないのです。この状態が長く続くと当然ながら企業の体力はどんどん消耗していき […]

  • 2022年5月17日
  • 2022年5月17日

じもとホールディングスへの公的資金投入はやめるべき

先日、じもとホールディングスが金融機能強化法に基づく公的資金注入を金融庁に申請する検討に入ったことがわかりました。新型コロナウィルスパンデミックの影響により、事業に影響が出ていたことが影響されていたということですが、正直言うとその必要はあるのだろうかという印象です。今はネット銀行などが普及しており、地方銀行の役割というのは昔に比べて少なくなっているでしょう。それに暗号通貨など新しい金融などの仕組み […]

  • 2022年5月16日
  • 2022年5月16日

円安により3月期は最高益を更新。悪い円安はどこに行ったのか。

最近は急激な円安の進行にともない、その悪影響というものが言われるようになりました。確かに多くの物資を輸入に頼っている日本にとって円が安くなるということは輸入物価が上昇することになるため影響があることは間違いないでしょう。しかし、それは何もデメリットばかりではなく、当然メリットもあります。輸出品は高く売れるようになりますし、外国人観光客にとっては非常に日本に来やすくなります。なので両面についてきちん […]

  • 2022年5月11日
  • 2022年5月11日

3月の実質賃金はマイナス。日本の家計は着実に購買力が低下している。

世界的にインフレが進む中、日本は比較的その影響を受けてはいない状況です。米国などでは7%を超える物価上昇が続く中、日本ではようやく1.9%の上昇という状況であり、食品やエネルギーを除くといまだ1%に届いていません。しかし、食品や光熱費など生活に必要なモノの値段はどんどん上昇しており、家計を圧迫していることは事実でしょう。それを表すような数値が出てきたので今日はそれを見ていきたいと思います。 3月の […]

  • 2022年5月9日
  • 2022年5月9日

消費者物価はコアコアCPIで見るといまだ1%に満たず、金融政策の変更にまでは至らないのではないか。

日本も長くデフレの状態が続いてきましたが、もしかしたらようやくその状況が変わるのかもしれません。先日発表された消費者物価の伸びが1.9%上昇し、日銀の目標である2%まで随分と近づいてきました。もちろん、これだけで日銀の政策がすぐに変更するということはないでしょう。しかし、来年には日銀総裁の交代も行われることもあり、大きな金融政策の変更もありそうです。そういう意味では日本経済も大きく変わっていくのか […]

  • 2022年5月7日
  • 2022年5月7日

あまりに大きくなりすぎたインデックス運用の問題点。

個人投資家が行う投資法としてインデックスに投資するというものがあります。当サイトでもかねてより推奨していますし、特に最近は非常に社会に広まったという実感があります。そのため、インデックス投資をしている人というのはかなりの人数に上っているのではないかと思います。個人的には非常に良い傾向だと思いますが、もしかしたら思っているよりも良い影響はないのかもしれません。そのリスクについての記事が載っていたので […]

  • 2022年4月30日
  • 2022年4月30日

日銀の金融緩和政策は今後も継続していく。

28日、市場関係者が注目していた日銀金融政策決定会合が行われ、現在の金融緩和政策を継続することが確認されました。最近の物価高の影響もあり、日銀の金融政策にも変化が出てくるのではないかという憶測も出てきていましたが、そのようなことはなさそうです。そのため株式市場は比較的強い動きを示し、海外市場が大きく下げる中にあっても比較的堅調に推移しています。今のところ日本株にとってはプラスとなっているようですが […]

  • 2022年4月24日
  • 2022年4月24日

日本もサハリン2から撤退せざるを得ない状況になるのではないか

ロシアによるウクライナ侵攻による経済制裁は日に日に増してきています。特に天然資源についての動きというのは重要であり、日本も他人事ではありません。日本とロシアの関係を述べるときにいつも出てくるものの一つがサハリン2と呼ばれるロシア極東での石油・天然ガスプロジェクトです。日本にとっても非常に重要なプロジェクトであり、今のところ日本政府は撤退する予定はないようですが、権益を持っている欧米企業はすでに撤退 […]

  • 2022年4月23日
  • 2022年4月23日

家計の海外流出によりさらに円安が進行する可能性がある

急激な円安が進んでいますが、その勢いは若干収まったように思います。1ドル130円目前まで行った為替相場ですが、その後はやや円高になり、小休止といった感じです。ただ、円安の流れが変わったということではなく、この傾向はこの後もしばらくは続いていくのだろうと思います。日米の金利差や金融政策などを考えると、とても止まるとは思えません。そうなると円だけで資産を運用するということがますます高リスクとなり、より […]

  • 2022年4月20日
  • 2022年4月20日

円安はメリットばかりではない。デメリットもある。

円安の進行が止まりません。ドル円は128円を超え、さらなる円安を目指しているようにも見えます。以前は円安は日本経済にとってプラスとみられていたので株式市場も上昇することが多かったように思えますが、最近ではあまり為替と株価には連動性がみられないようになりました。そういう意味では円安が単純に日本経済にプラスということではないのだろうともいます。というわけで今日は最近の円安について考えてみたいと思います […]