• 2024年2月6日
  • 2024年2月6日

パウエル議長が3月の利下げを否定する。これによりこの議論はほぼ終了となるでしょう。

最近の経済指標の結果により市場が期待していた利下げというのはやや後退したような感じがしますが、それをより確定的にするような発言をパウエル議長がしています。先日、パウエル議長はテレビ番組に出演し、3月の利下げの可能性について否定的な発言を述べています。 3月の利下げの可能性はほぼ消える 4日の夜に、パウエル議長はCBSのニュース番組に出演し、今後の金融政策について言及していました。 パウエル米連邦準 […]

  • 2024年2月5日
  • 2024年2月19日

今週発表される経済指標

今週発表される経済指標は以下のとおりです。 5日:1月ISM非製造業景況指数、1月サービス業PMI、ボスティック米アトランタ連銀総裁、FRBが銀行融資担当者調査公表 6日:メスター米クリーブランド連銀総裁が講演、ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁が経済における中銀の役割に関する討論会に参加、3年債入札(540億ドル) 7日:12月貿易収支、クーグラーFRB理事、バーキン米リッチモンド連銀総裁講演、 […]

  • 2024年2月4日

早期利下げの可能性を否定するFRBボウマン理事

先日の雇用統計の結果を受けて利下げの時期がやや後退する観測が出てきていますが、当局からもそのような発言が出てきています。市場の見方と当局の見方が一致しており、そういう意味ではその流れはかなり確実なものとなってきているような気がします。 利下げ時期はいつになるのか 先日、FRBのボウマン理事は現在の金融政策について以下のような発言をしています。 米連邦準備制度理事会(FRB)のボウマン理事は政策金利 […]

  • 2024年2月3日
  • 2024年2月3日

1月の雇用統計は相変わらずの底堅さ。早期利下げの可能性は更に遠のく。

市場が期待する利下げの可能性は一段と遠のいたようです。昨日発表された1月の雇用統計は市場予想を大きく上回る結果となり、労働市場は今なお力強く維持されていることが確認されました。雇用が強い事自体は経済にとって良いことですが、それによりインフレはさらに加速させるリスクもあり、なかなか複雑な状況だと言っていいでしょう。そういう意味でもFRBが利下げの判断をするにはやや勇気がいる状況なのかなという感じです […]

  • 2024年2月2日
  • 2024年2月2日

労働市場は引き続き底堅く推移

米国の労働市場は引き続き底堅く推移しながらもインフレ鈍化の兆候を示しています。昨日発表された新規失業保険申請件数と継続受給者数は2ヶ月ぶりの高水準となり、労働市場がやや力を失いかけていることが確認されました。しかし、依然として申請件数事態は歴史的に低水準を維持しており、雇用は維持されつつも過熱感は収まってきているような感じです。 労働市場は引き続き底堅い 昨日発表された新規失業保険申請件数はやや高 […]

  • 2024年2月1日
  • 2024年2月1日

FOMCでは政策金利の据え置きが決定。利下げ期待はやや後退。

1月末には市場が注目するFOMCが開催され、事前の予想通り政策金利は据え置かれることとなりました。しかし、市場が期待するほどにはFRBは緩和に積極的ではない姿勢が見られ、やや失望が広がっています。FRBとしては緩和するもしないも決めているわけではないので、どうなるかはわかりませんが、今のところはやや株式市場も弱含みとなっています。 政策金利の据え置きが決定 昨日と一昨日には今年初めてのFOMCが開 […]

  • 2024年1月31日

労働市場は底堅さを維持しながらも弱さものぞかせる

米国の労働市場は引き続き力強さを見せています。昨日発表された昨年12月の求人件数は市場予想に反して増加となっており、依然として労働市場はタイトであると言っていい状態です。しかしながら離職者の数は大きく減少しており、労働市場が流動的ではなくなっている可能性が出てきました。そのことにより労働市場を起因としたインフレ圧力の低下も起こる可能性があり、難しい状況となってきたような気がします。 労働市場は堅調 […]

  • 2024年1月30日
  • 2024年1月30日

先行きに対する警戒感が日に日に増しているような気がする

現在、株式市場は比較的良好な展開になっているような気がします。金融政策の先行き等が非常に期待をもたせるような状況であり、株式市場はそのことによりかなり強気な見方が増えてきているように思います。しかしながら、この動きがいつまでも続くということはないでしょう。そしてそのリスクを訴える声も日に日に大きくなってきているように思います。 今後の株式市場の予想 今後の株式市場についてUBSでは投資家に対して警 […]

  • 2024年1月29日

今週発表される経済指標

今週発表される経済指標は以下のとおりです。 引用:マネックス証券より 今週も非常に重要な経済指標の発表が相次ぎます。特に雇用統計など労働市場関連の重要指標の発表が相次ぐため、その動向によって株式市場も大きく動くことになるかもしれません。最近はインフレの落ち着きや金利の利下げ期待などによりマーケットの期待は徐々に高まってきているように思います。その一因には強い労働市場というのもあるのだろうと思います […]

  • 2024年1月28日

米国経済の先行きは市場の楽観論も慎重論もまだ結論は出せない

米国経済の先行きについて楽観的な意見も多くなってきたように思いますが、依然として慎重な意見も多くあります。モハメド・エラリアン氏もその一人であり、先日も現在のマーケットの楽観論に対して警告を発していました。現状、早期の利下げ期待もあり今年も株価に対しては強気な見方も多くなっては来ていますが、このような慎重論もあることは覚えておいたほうがいいでしょう。 米国経済の先行きに対して非常に慎重 先日、モハ […]