• 2022年6月27日
  • 2022年6月27日

今週の注目経済指標

今週の経済指標について 今週も注目の経済指標が沢山発表されます。 エネルギー関連 来週はエネルギー関連の指標が多く発表されます。エネルギーについてはどのような結果になるにせよ、現状の価格上昇の流れを変えるほどの物は出てこないでしょう。そういう意味では市場に与える影響はあまりないのかもしれません。 不動産関連 住宅関連指標にも注目されます。最近の不動産市場の状況は金利上昇の影響もあり、悪化してきてい […]

  • 2022年6月26日
  • 2022年6月26日

5月の日本の消費者物価は前月と同様。やはりまだ日本はインフレとは呼べない。

24日に注目されていた日本の消費者物価が発表されました。結果としては今月も先月と同様の数字で、改めて物価が上昇傾向にあることが確認されました。ただ、やはりエネルギーと食品の変動の激しいものを除いた指数でみると、いまだに1%にも満たないものであり、日本の物価はまだインフレとは言えない状況です。そういうわけで今日は先日発表された日本の消費者物価についてみていきます。 5月の消費者物価は前月と同様 24 […]

  • 2022年6月25日

新規失業保険申請件数も低水準。以前労働市場はタイト。

米国の労働市場は依然堅調なようです。先日発表された新規失業保険申請件数は市場予想よりも低いものでした。これは米国経済の力強さを表しているといってもいいですが、インフレ抑制という観点から見ると、やはりまだまだ先が長そうだという印象も与えます。そういうわけで今日は先日発表された新規失業保険申請件数についてみていきます。 パウエル議長インフレ抑制にコミット FRBのパウエル議長は23日に米下院にて証言を […]

  • 2022年6月24日
  • 2022年6月24日

22日のパウエル議長の議会証言から、ソフトランディングの可能性は低くなったのかな。

22日にFRBのパウエル議長の議会証言がありました。今後の金融政策を占う非常に重要なイベントです。今回の議会証言でパウエル議長はどのような発言をしたのか非常に注目されており、当然ながら株式市場にも大きな影響があるでしょう。というわけで今日は先日行われたFRBのパウエル議長の議会証言についてみていきたいと思います。 議会証言の要旨 まず、今回の議会証言の要旨については以下の通りです。 *FRBの利上 […]

  • 2022年6月23日
  • 2022年6月23日

食料安定供給のためにバイオ燃料はやめるべきか

ウクライナ情勢により、世界的に食料供給に対する懸念が出てきています。小麦をはじめとしてロシアとウクライナは多くの食料を世界中へ輸出してきました。それが今後はかなり制限されることがほぼ確実な情勢です。加えて世界的な需要増加に生産が追いついておらず、ただでさえ供給不安が起きているところにインフレも重なり、食料の安定供給がかなり危うくなってきました。そして食料というのは何も人間が食べるだけではなく、エネ […]

  • 2022年6月22日
  • 2022年6月22日

米国経済のソフトランディングの確率は10%。それでも投資はやめない。

米国経済は今後どのような展開となるかわかりませんが、しばらくは荒い展開となりそうな感じがします。FRBによる利上げがどのようになるかで上にも下にも大きく動く可能性は十分にあるでしょう。金融当局としては何とかこのインフレをうまくコントロールし、経済になるべくダメージを与えないようにしようとしていますが、あまりうまくいきそうな感じはしません。そう思っている人は実際多いでしょうし、そのような記事も多数見 […]

  • 2022年6月21日
  • 2022年6月21日

今週注目の経済指標

今週発表の経済指標について 今週発表の経済指標は23日の新規失業保険申請件数、24日のエネルギー関連の指標、日本のCPI, ミシガン大学消費者信頼感指数あたりが注目でしょうか。 新規失業保険申請件数 新規失業保険申請件数についてはやはり労働市場の動向を見るうえで注目しておいた方がいいでしょう。現在、何とか持ちこたえている米国経済ですが、先日の消費者物価の数値などかなり怪しい雰囲気が漂い始めています […]

  • 2022年6月20日
  • 2022年6月20日

個人の資産を倍増させたいのであれば制度を変える必要がある。

最近は多くの人が株式投資をはじめとした資産運用を始めるようになった印象です。それは何年も賃金が一向に上がらず、ただ働いているだけでは生活が一向に豊かにならないことが一因でしょう。年金についても将来本当に必要な額を確保できるのか、とてもあてにならないといったこともあるかもしれません。いずれにせよ投資というものがより身近になり、多くの人が投資を行うことになったこと自体は大変良いことだと思います。それで […]

  • 2022年6月19日
  • 2022年6月19日

日銀は金融緩和政策の維持を決定。まあ、当然といえば当然。

16日と17日に、市場が注目していた日銀金融政策決定会合が行われ、現在の金融緩和政策の維持が決定されました。当初は米国をはじめとする諸外国が利上げをする中、日銀の政策にも変化が出てくるのではないかという意見もありましたが、結果としてはこれまで通りの姿勢を継続するということとなり、改めて日本は金融緩和を続けていくという姿勢を示したことになります。個人的には現在の黒田総裁であればそうだろうと思っていた […]

  • 2022年6月18日
  • 2022年6月18日

米国経済の悪化を示す指標が次々と出てくる現状

米国経済の現状は非常に悪いといわざるを得ません。おそらくは多くの人がそう感じているのではないかと思いますが、それを裏付けるような物が連日多く発表されています。FRBが75bpでの利上げを決定し、景気を急激に冷やす可能性も高くなってきたこともあり、株式市場もその影響は避けられないでしょう。そういうわけで今日は米国経済の現状についてみていきたいと思います。 米新規失業保険申請は予想よりも減少しなかった […]

RANKINGランキング